保育士は人間関係がきつい!?対策方法をご紹介します

職場
スポンサーリンク
スポンサーリンク

保育士は人間関係がきつい!?

記事を開いて頂き、ありがとうございます。

今回は人間関係のきつい保育士の職場で、心も体も疲れきっている皆様の為に、対策方法をまとめました。

記事内では主に下記を書いています。

人間関係がきついと感じる理由など

人間関係がきついと感じるエピソードを紹介(実体験です)

ベテラン保育士だから分かる、人間関係が良好になる秘訣

上記の3点をご紹介します。

「人間関係の秘訣だけ知りたい!」という方は目次からお飛び下さい。

なお「共感した!」という方はSNSでシェアして頂けると嬉しいです。



この記事を読むメリット!

「職場の人間関係に疲れた…」という方にオススメしたい、
もう悩まない秘訣ををご紹介します。




保育士の人間関係がきついと感じる理由

まず初めに言える事は…

保育は専門職であり閉鎖的な環境。

という事が言えると思います。

専門職に多いと思いますが、閉鎖的な環境であることがほとんどです。

そもそも保育士というのは転勤などの大きな異動がありませんから、毎年クラス替えがあるとはいえ、ひとつの職場内で一緒いる時間が多いです。

そんな中で、特徴の強い女性たちがずっと一緒に働くわけです。

しかも、人の入れ替わりが起きにくい事からも、人間関係で一度失敗をすると、とても大変な状況になってしまいます。

保育士は一言で言うと

「大変なんです…!」笑




おしゃべり好きが多い為、噂話しが直ぐに広がります

人って幸せ話よりも不幸話が好きな人が多いですよね!

「〇〇先生が、園長先生に怒られてた!」など、噂はすぐ広まります。笑

悪い話ほど広まるのが早いので、自分の意図しない状況になってしまったり周りからの視線の変化も発生しやすいです。

そして、なぜか女子校のようにグループや派閥がつくられがちです。(どこの保育園に行っても、派閥はあると思います)

また、人の入れ替わりが少ないせいか、なかなか派閥が無くなりません。上の世代がいなくなることが無い限り、派閥も残り続けます。

自己主張が強い、プライドが高い人が多い印象です

自己主張が強い。

プライドが高い人が多い。

上記2点は特に保育士に多いと思う特徴です。

(私の周りだけかもしれません。すみません)

女性ならではの自己主張でいがみ合っていることがよくあります

いがみ合の原因一覧

仕事の技術、年齢、容姿、パートナーのスペック、彼氏や旦那の有無、地位(役職)など。

上記が主にいがみ合になりやすい原因です。

女性特有の他人との比較でいがみ合うわけですね。

話し変わりまして、私たちの職場では、子供を使って承認欲求を満たしているベテラン保育士さんがいました。

「私は多くの子どもに慕われているんだ!」と言わんばかりに、常に子供に慕われていないと絶対嫌!というような感じでした…

ちなみにその人の年齢は40代独身です。

嫌味では無いですが、少し寂しかったかもですね…

たくさんの子どもに慕われるかどうかよりも、その保育士がどれだけ子どものことを受け入れ、愛情を注いであげられるか?ということのほうが大事と思います

閉鎖的な環境なのか、お局様のプライドが育ちやすいです

閉鎖的な環境なので、お局様のプライドが育ちやすいです。笑

男性もほとんど居ないことが多いですし、居たとしても保育士は女性の立場的の方が強いことが多いので、男性の目も気になりません!

プライドが育ち放題と言う事です。

保育士を続けている人の多くは、ずっと保育士一本の人がほとんどです。

その上、異業種から転職してくることは、ほとんどありませんし、保育職しか知らない人が多い印象です。

ですから、人の入れ替えがあまり起きませんし、仕事に対してもプライドが高くなる一方です。

他の業種を体験したことがない人が多いので、仕事に対しての考えがどんどんこり固まりますし、その凝り固まった考えのお局様に困らされている人も多いです。

女性ばかりの職場環境しか知らないベテランさんが女帝になることはよくあります。




保育士は給料が低い為、人間関係が悪化しがち?

保育士って、

とても給料が低いんです!!

(よくニュースになりますよね。年収が低いと…)

人手不足で、常に余裕が無い!という事が多く、保育士同士でキリキリしている事が多々あります。

人手に余裕があり、お給料がたくさんもらえる職場であれば、保育士さん同士、キリキリせずにいいのですが、どうしても低い給料でお仕事をしていると、人の不幸話や悪口が多く出てくる印象です。

最近では、国が保育改善に向けて動いてくれてる?という話もちらほらありますが、未だに、私達の周りではその効果は浸透してない印象です。

しかし、この国の保育改善の動きが活発化し、保育の環境保育士の待遇がよくなれば、保育士同士が働きやすい環境になる事にもなり、子供達に良い影響を与えていけると思います!

 



職場が辛いなら早期に逃げ道を!転職をオススメする理由がこれ
人間関係のゴタゴタ、給料の不満、それ、もしかして損してますよ!問題解決の鍵は「転職」にあります。こんなメリットがあるんだ!と驚きたい方は是非見て下さい!

実際に体験した保育士の怖い人間関係エピソード!

はい、ここからは実際に体験した、

保育士の怖い人間関係のエピソード

をご紹介します。

少し内容がきついと感じる方がいると思いますが、「こんな人もいるんだな」と聞き流して頂ければ幸いです!

それではいきましょう!




お局様が新人を一人ずつ、時期をずらして無視する。と言う事がありました

いわゆる

いじめですね 笑

学生時代によくある「ハブる」という行為がありましたが、そのハブる行為が保育の現場にもありました!

このいじめにあっている最中を私達の間で「氷河期」と呼び、「氷河期がきたね(笑)がんばって!」と心許せる同僚同士で励まし合っていました。

大人になってもこんな「いじめ」があるのです…幼いですよね

この主犯のお局様は、保育園では「主任」という立場で、園長の次に偉い立場でした。

しかし、現場では「主任」が全て管理しています。

主任の言うことが全てです

主任に嫌われたらもう大変です!

朝の「おはようございます」から無視され、帰りの「お疲れ様でした」も無視。

グループミーティングでも、標的にされている人の意見だけ無視されます。

ただ、標的が次の人に変わると普通の対応に戻るのです。

ちなみに、標的になる人は何も悪いことしていません。

「少々ミスしたかな…?」ぐらいはありましたが、そんなにハブったり、いじめたりするほどの事はしていないのです。

しかし、これも今では「業界の厳しさを伝えたかったのかな?」とも思いますが、もっと他の方法でも伝えれたと思います。




退職時に有給消化ができないと言われました

私が職場を退職時に

「有給消化はできない!」と言われました…

詳しく状況を説明させて頂くと…↓

園長()に「なぜ有給がとれないのか」と尋ねると反応に困られ。

その後主任()に呼び出され、ロッカールームで正座させられ、説教させられる事がありました。

私としては、退職時に有給消化できないことがまずよくわからず、それについて「詳しく教えて欲しい」と尋ねると何故か困られました…

園長先生は男の人だからか、女性には厳しく言えないということもあったと思います。

しかしそのことを聞きつけた主任が激怒しました!

[主任が激怒した理由]

古株保育士ですらなかなか有給消化できていないのに、私のような若手が有給消化について物申した事が不満、そして何より、園長を困らせたことが気に入らなかったようです。

私としては、未だに何故怒られたのかが分かりません。

もしも私が園長を困らせたことが原因だとしたら、わざわざ私を正座させてまで怒る事なのかな…と少し疑問が残りました。笑

「主任のストレスの捌け口に使われたのかな…」とも思いました。

説教の時には、必ず泣いて心からお詫びの気持ちを述べないと終わらないです

私たちの職場では先輩から怒られた際に、ある事をしないと説教が永遠と終わらない風習がありました。

そのある事とは…ズバリ

必ず泣いて心からお詫びの気持ちを述べないと

説教が終わらないんです。

「叱ることで伝えたい!」というよりかは、「こちらの正義をわからせたい!!(プライドが張っている!)」と言うような印象でした。

後輩(私)に説教を通して教えると言うよりかは、支配したい。というような感情もある様子でした。

ですから、先輩に怒られる時には決まって、反省している演技をしないといけません。

このように↓

「先生(先輩)の気持ち伝わってきました…

私のことを育てようと、そんなに熱心に思ってくれてたのに、私…気持ちに応えれてなくて、本当に申し訳ありません!涙涙涙」

とにかく下手に出て、泣く姿心からの反省を述べて納得させないと終われません。私が怒られる理由も理不尽なことが多いです。(理不尽な内容がほとんどでした。笑)

しかし、理不尽と感じている様子を少しでも見せるともうダメです。

私は思ったことが顔に出やすいタイプで…納得いかない表情を見せてしまい、説教が夕方から夜遅い時間まで続いたことも何度かありました。

(子どもが帰ったあとから、だいたい21時まであることなんてしょっちゅう。遅い時は22時半、23時を過ぎることもよくありました。)




プライベートでは仲良しグループで集まり、職場の人の悪口大会

ロッカーやプライベートでは仲良しグループで集まり、

職場の人の悪口大会が開催されます。

これがないとやっていけません。

「嫌だな~」と思うけど、吐き出さないとストレスがたまります。

私は幸い、同期が多くて大変仲が良かったので、毎週職場外で同期と集まって先輩の悪口や、納得いかないことを吐き出していました。

しかしその逆も然りです

先輩たちも、ロッカーやプライベートで集まっては新人や嫌いな人の悪口大会をしていました。

悪口があちこちで頻繁に飛び交う職場環境は本当に閉鎖的な世界だと感じていました。

悩みすぎてない?職場いじめ、解決方法ならこれを読め!対策方法など
職場いじめの完全版です。いじめは何故起きる?心理を読み解く事で、簡単に解決することができます!対策方法などを知りたい!と強く思う方は是非見てください!きっと今よりいじめに対して強いあなたができると思います!

保育士の人間関係がきつい?対策方法をご紹介します!

ここまで見ていただき、ありがとうございます。

ここからは、保育士のきつい人間関係の中で上手く生きていく為の具体的な対策方法をご紹介します。

比較的女性の多い職場でも当てはまる事かと思いますので、是非様々な場所で役立てて頂けると嬉しい限りです。

自分の情報は小出しに、周りを見ながら。

女性が多いので、噂話はすぐに回りやすいです。

彼氏がいると言うだけで妬んでくる人もたまに居ます。

(保育士は特に、歴が長くて独身である人がとても多いです。)

そうならない為の解決策

入職したての時期は、あまり自分のことは話さず、様子を見ながら少しずつ小出しで情報を出していけば良いと思います

一見アットホームに見えても、女性同士どんな事情があるかわかりません。

周りをよく観察し、心を開いて親しくできる先輩に出会えたら、少しずつ仲良くしたらいいと思います!

良い仲間に恵まれるといいですね〜!

先輩には大きく下手(したて)にでて話す事が大事です

私が保育士になって最初に注意されたことです↓

保育士に成り立ての新人時代に、自ら率先して動かねば!と思い、忙しそうにしている先輩に「手伝いましょうか?!」と声をかけると、とても怒られました。

怒られた原因は…

「~しましょうか?」と言った言葉が原因でした。

この「〜しましょうか?」と言う言葉は、上の立場の人が、下にかける言葉だと言う事です。

今思えば当時の私の勉強不足が原因だったかも知れません。

「先輩に対しての言葉遣いがなっていない!

上から物をいうなんてとても失礼だ!」とその後に激怒されてしまいました。

この事例の正解だった声かけ方法は…

「なにか私にお手伝いできることはありますか?」という言い方が正解だったようです。

このように、言い方一つで気分を悪くする先輩もいますから、新人の皆様は十分に注意が必要かも知れません。

ポイントは、下手から出る言葉使い身振りを身に付けるといいかも知れません。

お局様や意地悪な先輩に怒られたり、いじめられても引きずらなくてOK

私の経験から言うと毎日怒られたり、いじめられても気にしない引きずらない事が重要だと思います。

と言うのも、いちいち人の嫌がる事やいじめをする人を構っていてはあなたの身が持たないからです。

また、お局様や先輩の目の敵にされても、純粋で素直な子どもたちはあなたの優しさをしっかり見ています。

保育士同士は派閥をつくることがあるかもしれませんが、子どもはそんなことありません。

立場の強い先生の方につく、なんてことはなく、まっすぐな目で保育士のことを見て居るので、子どもたちがあなたのまわりで笑顔で居てくれれば、あなたの優しさや愛情はしっかり伝わっている証拠だと思います!

保育士の本業は子どもの命を守り、愛情を注ぐことです。

理不尽に怒られたとしても保育士として務まっていれば深く気にすることはありません。

新人の気持ちを忘れずに、常に謙虚で率先して動く姿を見せる

新人の時は当たり前かもしれませんが、中堅になってもしばらくは、そうしていたほうがいいかもしれません!

率先し動こうとする姿を見せるだけでもいいです。

お局様は、一生懸命気を利かせて動いてくれる人には好感を持ちやすいです

特に、掃除業務がある施設であれば、掃除を率先して頑張る姿を見せると好感の近道になると思います!

とにかく上の先輩をたてる、褒める、尊敬する姿を見せる事が大事です。

いわゆる…

ごますりですね笑

でも、これをされて嫌な人っていないので。怖い先輩ほど、ご機嫌をとってみてください!

保育士の人間関係に疲れた時は、転職してみるのもありです!

同業種でも、異業種でも、

一度、転職してみるのも良いと思います。

心がスッキリするだろうし、保育士の職場は保育園だけでなく病院、歯医者、企業内託児所など様々ですので、新たな環境の経験がリフレッシュになり、仕事の意欲もさらに大きくなるかもしれません。

思い切って異業種にいくと、保育士のときとは違うことを多く味わえます。

仕事への価値観が大きく変わると思います。

そのうえで保育士に戻りたかったら戻ると良いと思います。

資格があればいつでも働けるのが保育士のメリットなので、活用してくださいね!

保育士の転職ならこちらがオススメです!↓(登録無料です!)

【保育士バンク】
登録は1分でできますよ。

まとめ

ここまで記事を読んで頂き、ありがとうございました。

記事の内容が私の愚痴をぶつけたような内容になってしまいました。笑

しかし、私は保育士の仕事を全く否定しませんし、とても大好きで温かい仕事だと、誇りをもってます。

ただ、女のネチネチのせいで、

若手が育たなかったり、

職場の空気感が悪く子供に悪影響だったり、

働くのが辛い保育士さんがいたり

とても悲しいです〜!

はやく環境が良なることを心から願っています。

ありがとうございました。

効果抜群!職場のストレスを即解消!人間関係が超簡単になる秘訣とは
職場のストレスに特に効果的な方法だけを厳選しました。ストレスから本気で抜け出したい人は是非みて下さい。「人間関係を良好にしたい!」「マイナス思考な考え方を変えたい!」など解消が期待できます!

 

この記事を執筆しました「うよセリ」さんです↓

現在はフリーランスで活躍中です。

是非「気になった」という方はフォローお願いします!!

「うよセリ」さんツイッター

職場が辛いなら早期に逃げ道を!転職をオススメする理由がこれ

「人間関係のゴタゴタ」「職場での不満」それまだ抱えていますか?問題解決の鍵は「転職」にありました!「こんなメリットがあるんだ!」と驚きたい方は是非見て下さい!僕が転職初心者を案内します。

効果抜群!職場のストレスを即解消!人間関係が超簡単になる秘訣とは

職場のストレスに対して「本気で抜け出したい人」は見て下さい!「人間関係を良好にしたい!」「マイナス思考な考え方を変えたい!」などの効果が期待できます!

職場
スポンサーリンク
スポンサーリンク
harekiiro2をフォローする
スポンサーリンク
晴れ晴れ

コメント